SCA-JAPAN

無名の性的強迫症者の集まり

やめられなくて困っていませんか?

風俗、不倫、恋愛依存、出会い系、テレクラ、

援助交際、ロリコン、乱交、ハッテン場通い、

強迫的な自慰行為、のぞき、盗撮、痴漢、性犯罪...

ようこそSCAへ!

セクシュアル・コンパルシブズ・アノニマスは、性的強迫症(性依存、セックス依存、恋愛依存)からの回復を望む人なら誰にでも開かれている、12ステップに取り組むあらゆる性的指向の人の共同体です。SCAはグループセラピーではなく、スピリチュアル(霊的)なプログラムです。性的嗜癖と性的しらふの問題に取り組むための、安全な場を提供しています。ミーティングに参加するために特に必要なものはありません。自分の性的強迫症でお悩みの方なら、どなたでも歓迎します。

SCAインターナショナルのページはこちら

自分の恋愛や性行動が強迫的かどうか確信が持てない方へ

20の質問14の特徴を読んで、自分にも当てはまるかどうかテストしてみてください。

お知らせ

現在、新型コロナ感染症の流行にともなって

・ミーティング会場の貸し出し停止による休止

・会場の利用方法変更(名簿への記入、消毒作業)

など、各グループで少なからず影響が出ているとの報告を受けております。それぞれのグループで配慮にもとづく対応がなされてはおりますが、ご参加の皆様はなにとぞご留意ください。

詳しくは各グループの連絡先にお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

旧ホームページはこちら

SCAの目的についての声明

セクシュアル・コンパルシブズ・アノニマス(無名の性的強迫症者の集まり)は、経験と力と希望を分かち合って共通する問題を解決し、他の人たちも性的強迫症から回復するように手助けしたいという男女の共同体である。SCAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、強迫的な性行動をやめたいという願いだけである。会費もないし、料金を払う必要もない。私たちは自分たちの献金だけで自立している。SCAはどのような宗教、宗派、政党、組織、団体にも縛られていない。また、どのような論争や運動にも参加せず、支持も反対もしない。

私たちの本来の目的は、性的しらふの状態にとどまることであり、また他の性的強迫症者が性的しらふを達成できるよう手助けすることである。メンバーは、自分の「性的回復計画セクシュアルリカバリープラン)」を立てて、自分にとっての性的しらふを定義することを奨励される。私たちがここにいるのは、神から与えられた性を抑圧するためにではなく、時間とエネルギーを過度に取られたり、法的な危険にさらされたり、精神的・身体的・霊的な健康を危うくしたりしないような性の表現方法を学ぶためである。

お問い合わせ先

SCA-JAPANへのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

郵便で〒163-8696 新宿郵便局留 SCA-JAPAN

電話で090-6188-6398

メールで

SCA-JAPAN全般についてのお問い合わせは scajapan@gmail.com

ミーティングへの参加など個別のお問い合わせは各グループのメールアドレスへ