成功への妨げになる4つのもの

 すべてのSCAのミーティングは、建設的で、役に立ち、愛情に満ち、思いやりがあるよう意図されています。私たちは、この理想へ向けて努力しながら、自分たちの目的から気をそらせ、不和を引き起こす問題を回避します。

1.宗教の議論
 SCAはどの分派あるいは宗派とも関係ありません。SCAはスピリチュアル(霊的)なプログラムであり、どんな宗教の形式にも基づいていません。どの宗派に所属していようと、あるいはいまいと、誰でも歓迎されます。特定の宗教的信念に関する議論を始めることにより私たちの目的をくじくのはやめましょう。

2.陰口(ゴシップ)
 私たちは、私たちの性的衝動からの自由を達成するために、SCAのアプローチを学び使うよう自らを、また他の人々を助けるためにミーティングに参加しています。そのような相互援助の中では、陰口は許されません。私たちは他のメンバーについて議論しません。私たちがアノニミティ(匿名)を守ることは、苦しんでいる人々のための私たちのプログラムの安全性を保証します。ミーティングで聞いたことを不注意に外へ漏らすことは、私たちの共同作業のまさに基礎を破壊するでしょう。他の仲間を批評したり、評価したり、あるいは比較をする誘惑に負けないように絶えず警戒しましょう。

3.支配
 私たちのリーダーは支配するためにではなく奉仕するために選ばれます。SCAのどのメンバーも指導したり、権威を装ったり、アドバイスをするべきではありません。私たちのプログラムは、提案や、経験や個人的な洞察を分かち合うことや、リーダーシップの持ち回り制を基礎としています。誰もが自分の方法と歩調で成長します。管理したり指導するどんな試みも、グループの調和にとって破滅をもたらす結果となるでしょう。

4.扇情的な言い回し
 プログラムの1番目のステップで、私たちは性的強迫症への無力を認めました。SCAでは、私たちは自分が性的に興奮したいときや場所で、責任を持って選択する力を回復しようと努めます。したがって、他の人の中にある性的な欲求を刺激しそうな言い回しまたは表現をすることは、私たちの共同の努力の助けにはなりません。また、私たちは性的衝動を「行動化」できる場所を明確に特定することを回避します。さもないと、性的衝動からの自由を求める他の仲間の努力をくじくことになるでしょう。

(Al-Anon ファミリーグループの許可を受け編纂・再録)

Copyright 1996
Sexual Compulsives Anonymous International Service Organization
All Rights Reserved